英会話勉強方法の基本

英会話勉強方法の基本とは?

 

もともと英語が母国語ではない日本人が英語を勉強するのですから、アメリカ人と同じようにやっていては上達しないのは明らかです。

 

目にするものも耳から入ってくるものもすべてが英語という環境でない日本においては、英会話勉強方法の基本は、まずは勉強です。

 

具体的には、英単語力をつけること、そして英文法の基礎をしっかり固めていくことです。

 

また、英会話の基本を勉強して学び中級ベレルまで学習できる石井あきらの英語ぺらぺら君中級編という教材もあります。

 

英語と日本語とでは文章の作り方が大きく異なりますので、その違いを英文法を通じて把握しておくことで、より総合的、アカデミックに英語を身につけることができます。

 

アカデミックに身についた知識であれば、応用力が高まります。

 

一つのことを覚えてそれを二つ以上のことに活用できる、アカデミックな学習方法にはこのようなメリットがあるのです。

 

ボキャブラリーをアップするための勉強方法

 

ボキャブラリーを増やすには、ノートに英単語を何回も書くことが大切、そういった勉強方法を信じている人は少なくないのではないでしょうか。

 

こういった努力型の勉強をコツコツと行なうことはもちろん大切です。

 

しかし同じ程度の努力量でよりボキャブラリーをアップさせるためには、やはり音声トレーニングを組み合わせるのが有効です。

 

具体的には、英単語を書きながら実際に発音してみるという方法や、その単語が英会話のなかでどういう風に使われているのかを英会話のCD教材などを活用して聞いてみるなどがあります。

 

そういった総合的な方法を通してより身体にしみ込ませることができます。

 

英会話のボキャブラリーを増やすのも大切ですが、日本語で皆と話すボキャブラリーが増えると会話術のテクニックが磨けます。日常会話から使える会話術を学ぶには人に好かれる会話術が勉強になります。

 

どうやったらいい?英文法の勉強方法

 

英語が苦手な人にとってどうしても拒否反応が多くなるのが英文法です。

 

英語の文章の仕組みやルールについての知識が、すぐに英会話につながるとは思えないこともあります。

 

また、時制や関係代名詞など、文章のシステムについての知識を身につける必要があるため、どうしても負担に感じてしまうのでしょう。

 

しかし、英文法は英語を話すための基礎。どれだけ英会話のフレーズを使えるようになったとしてもそれだけできちんとした英語の文章を書けるようにはなりません。

 

フォーマルにも英語を使いたいと思っているのであれば、やはりベースとしての英文法を避けては通れません。

 

英文法の勉強方法としては、理論書を読むだけではあまり効果はありません。英文法が苦手で覚えにくい場合にはKnee tapというリズム法を使う英会話勉強法があります。

 

実際の英語の文章や英会話を理解しようとして少しでも分からないことがあったときに辞書や文法書を引いて確認すること。この繰り返しと蓄積の多さが結果を左右します。